スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

perfume

perfumeが面白い。

perfume は存在自体に矛盾をたくさん抱えていて、テクノポップという演奏する人間の実在性、肉体性の希薄な音楽と、アイドルというその人間の存在に対する興味をエネルギーとするもののハイブリッド。実際の歌声を使っていながら、ボコーダーやピッチシフトなどのエフェクトで徹底的に肉声のもつ生々しさを減少させるテクニック。ダンスという肉体性を必要とするフォーマットを使用しながら、その振り付けや踊り方はアンドロイド的で、まるでモーションキャプチャしたCGキャラクタのような雰囲気。そして、テレビ・ラジオ番組やライブMCでみせる、アイドルにはあるまじき毒舌は、彼女らの実在としての受け答えに現れるエラー事象のようなもの。握手会など、肉体性の実在を確認させるようなイベントでの販促活動は、プロモーションレベルでのこのユニットの扱い方が古風なアイドルのものであることを実感させる。

このユニットの人気のきっかけとなったのが、アイドルマスターという「アイドル育成シミュレーションゲーム」の画像と、perfumeの曲を組み合わせた映像作品がニコニコ動画などで人気を博したことにあると言われている。もちろん公式なものではなくて、ユーザー主導で面白がりながらすすめられている。ゲームの中の完全にバーチャルな存在としてのアイドルと、実在するはずのperfumeの曲が見事に親和性をもって融合しているのは、それぞれが「バーチャルでありながらリアリティーを志向」「リアリティーでありながらバーチャルを志向」という逆の方向性を持っており、その立ち位置が「べつの登山口から登ったが頂上は一緒」みたいな結果で非常に近いものになっているためであると考えられる。
 これらと、ヤマハが開発した「初音ミク」という歌声合成ソフトのヒットと合わせて、これまでその存在が予言されつつも技術的にハードルの高かったバーチャルアイドルという存在が、ちょっと搦め手のような形で、しかもユーザー主導でいま一つの形をとりつつある、その現場に立ち会っている雰囲気に、いまドキドキしている。

この三つをすでに並行して論じている先達。
なつみかん。 | Perfumeとアイドルマスターと、初音ミク
テクノの機械化について論じている結論が、なんとperfume.
想像力はベッドルームと路上から - 「機械化の夢」の極北。BjorkとPerfume。(妄言注意)
サンプリングレートを落とした、とはマニアックな視点。この観点から語る人は意外と少ない。
他人の不幸は蜜の味: Perfume「Complete Best」と「ファンサーヴィス(sweet)」レビュー
Hang Reviewers High / Perfume「ポリリズム」
これはアイドル!? アート!?/perfume (美術・芸術・ファッション[アートスライダーズ])
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ヲタクのメモ - ジャンル : 日記

TAG : perfume

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。