スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジューシィ・フルーツ「ジェニーはご機嫌ななめ」

その後数多くのアーティスト、歌手にカバーされ、テクノポップのスタンダードナンバーとなったジューシィ・フルーツ「ジェニーはご機嫌ななめ」のEPを入手。あわせて、「ライブ帝国」という、当時のTVKの番組のDVDも見た。
当時リアルタイムでは小学生だったため、まだ音楽への趣味がこの方向になっておらず、大ヒットとなったこの曲を知ってはいるものの、記憶は薄れていた。いまや「女の子ボーカル趣味」と化したいまの私には、新鮮な驚きがあった。

このバンドはいろいろな側面を未整理に併せ持っていて、一部はコンセプトとして近田晴夫が提示したものだろうし、一部はメンバーの来歴によるものだったり、それらが偶然に混ぜ合わされている、という感想。ちょっとエッチな歌詞、メンバーのおしゃれなルックスやファッション、そして強烈なのがボーカル・ギターのイリヤの個性で、一つには色気のある台詞まわし、一つには女の子がリードギターをフロントで弾くインパクト。
色気のある台詞まわし、といったが、ボーカルを音程から外して、台詞のようになるところに非常に色気、セクシーなところがある。「ジェニーはご機嫌ななめ」では、「電話じゃだめ」というところ、最後「だぁめぇ」とでもいう発音で、わざと音程を外してくる。甘える女の子の雰囲気。これをカバーしたperfumeでは、かしゆかのボーカルはやはり「電話じゃだめ」はちゃんと音程に乗っているので、とくにここだけ色気があるとかないとかの変化は起こらない。
こんな色気をふりまいたと思ったら、間奏ではリードギターをフロントに出てきて演奏、チョーキングとかも使ってちゃんとかっこいいのである。ここの記憶は全く薄れていた。サイドギターだとばっかり思っていた。
いま思えば、ファーストシングルであるこの曲がイリヤの裏声で歌われており、この裏声のインパクトも加わって大ヒットとなったことが、その後の彼女の地声の曲ではインパクトを減じる結果となってしまったような気がする。けっこう低めのアルトの声なのよね。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 音楽 - ジャンル : 音楽

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。